インターネットからの予約はこちら

〒899-5431 鹿児島県姶良市西餅田118-2

電話 0995-66-3387

鹿児島県/姶良市/耳鼻咽喉科/アレルギー/花粉症

耳の病気

当院からのお知らせ

院長の活動報告

求人のご案内

Mobile Site QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

急性中耳炎

耳の痛み、発熱等がみられる疾患ですべての年代で起こりますが幼少期の代表的な感染病です。
中耳と鼻の奥をつなぐ、耳管という管を通じて中耳へ感染を起こすと言われており、鼻炎などが誘因となることが多くなります。
近年、抗生剤への薬剤耐性菌の出現が問題となっており、抗生剤の使用・鼓膜切開の適応は症状・局部所見の上、決定します。

滲出性中耳炎

耳の痛み、発熱等を伴わず進行し難聴が出現することが多い疾患です。
中耳と鼻の奥をつなぐ、耳管という管を通して行われる滲出液の排泄等が障害を起こし、中耳腔に滲出液がたまることで起こります。
まずは、マクロライド系抗生剤の内服・鼻などの処理で様子をみることが多く、改善のない場合は鼓膜切開・鼓膜チューブ留置等を行い治療します。
放置すると難治性の癒着製中耳炎や手術を必要とする真珠腫性中耳炎へと進行することがあり、適切な治療が必要です。

慢性中耳炎

鼓膜に穿孔がある状態で中耳に感染を起こしやすく、耳漏を繰り返しやすい疾患です。
病歴の長いものは中耳の耳小骨や鼓膜の可動性も悪くなっているものもあります。
手術をすることで聴力が改善したり、耳漏がおさまる可能性があります。
専門医と相談の上、治療方針を決定します。

突発性難聴

原因は不明ですが突然聞こえが悪くなる病気で、多くは一側性に起こります。
めまいや耳鳴を伴うこともあります。
早期の治療開始が必要で、治療開始の時期が遅れると治りが悪いことがあります。
ステロイドホルモン、ビタミンB12、循環改善薬等を用いて治療します。
高圧酸素療法を組み合わせる場合もあります。
おたふく風邪のウィルスが原因のムンプス難聴や聴神経腫瘍の鑑別が必要ですので、専門医の受診をおすすめします。

Page Top